パソコン作業で手首が痛い?【疲労軽減】キーボード、マウスのクッションが便利

こんにちは、仕事上、毎日パソコン作業をしているゾノ(@zono21)です。

今日は、パソコン作業を少しでも快適にする話です。

パソコンをやっていて、手首が痛くなったことはありませんか?

僕は20代でシステムエンジニアになったときに、手首が痛くなる経験をしました。

それからというものの、この2つのアイテムが必須となっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【1つ目】キーボードクッション

キーボードのキータッチの手首をサポートするアイテムです。

正式名称は、「リストレスト」というようです。

硬めの低反発クッションという感じですね。

これがないと、

 

手首を浮かせて、キータッチする
(→長時間はつらい、腱鞘炎になるかも)

 

手首を机につけてキータッチする
(→手首を痛める。)

となります。

僕が初めて使ったのは、まだ初々しい20代のとき。

確かマイクロソフトのOffice製品を購入したときに、「キーボードクッション」がオマケでついてきたんですね。

で、使ってみると、

「おおっ、これは楽。」

ってなって、それからずっと愛用しています。

今は、ちょうど先日新しく買ったサンワダイレクトのものを使っています。

キーボードの長さに応じたものがあります。

短めのキーボードクッション

長めのキーボードクッション

スポンサーリンク

【2つ目】マウスパッド兼クッション

マウスパッドを使っている方は、多いとは思うのですが、そのマウスパッドと手首サポートのクッションが一体型になったアイテムです。

マウスも手首を机につけて操作していると、だんだん痛くなってきます。

こちらも低反発のクッションのような感じで手首への負担が軽減できます。

あとがき

今はパソコンを使うお仕事をされる方が多いですよね。

システムエンジニア、WEBデザイナーなどの技術系はもとより、事務作業、オペレーターなどバックオフィス系の作業の方々、流行りのYoutuberやVRtuber動画編集する方々など。

パソコンを仕事にしている方は、キーボードとマウスのクッションがあれば、手首への負担がかなり軽減できるので、オススメです。

もし他にも便利なアイテムがあれば、コメント欄でぜひ教えてください。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。