エディタ「Visual Studio code」の日本語化

ども、プログラマーのzono(@zono21)です。

エディタ「Visual Studio code」のインストール後、日本語化する設定に迷ったので、メモしておきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダウンロード

本家(https://code.visualstudio.com)へ

Stable:安定版
Insiders:最新版(β版という扱いかな)

となっていますので、初めての場合は、Stable版で良いですね。

スポンサーリンク

インストール

僕は、windowsで、ダウンロードしました。(exe形式)

インストールは、特になんの迷いもありませんでしたね。

「次へ」をクリックしていったらよいだけです。

MEMO
途中、右クリックのコンテキストメニューに追加の選択があったので、右クリックで[ファイルを開く]を多用される方は、チェックを入れておいたほうがよいかと。

日本語化の設定方法

それでは、本題の日本語化の設定方法です。

メニューから[View]-[Extensions](拡張)を選択します。

左上のテキストボックスで、”Japanese”と入力。

すると、日本語パックが一番上に表示されます。

選択すると右側に日本語パックの説明が表示されます。

緑の「install」ボタンをクリック

右下にポップアップで、再起動の確認が表示されます。

「Restart Now」(今すぐ再起動)ボタンをクリック

はい、これで日本語化終了です。

おつかれさまでした!

あとがき

僕は、普段エディタは、sakura(サクラエディタ)使っています。

ATOMは、起動がちょっと遅いから敬遠気味でした。

今回インストールした「Visual Studio code」は、ちょっと触った感じでは、起動が早くサクサク動くので、いいかも。