【宮古島】島唄居酒屋「基山」の三味線ライブと沖縄料理が最高でした!

2018年12月25日-27日 2泊3日の宮古島旅行記です。

2日目の夜に島唄居酒屋「基山」で三味線ライブを聞きながら沖縄料理を堪能してきました。

沖縄は数回来ていましたが、近くでの三味線ライブは初めてでしたね。
とても楽しかったですよー。

以下に「基山」さんで三味線ライブを楽しみたい方のために情報をまとめておきます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

島唄居酒屋「基山」の場所

「基山」は、平良市の西里通りと呼ばれる、居酒屋が集まっている歓楽街にあります。

僕は、「宮古島東急ホテル&リゾーツ」からタクシーで来ました。

約15分 2000円でしたよ。

レンタカーで来ることもできたけど、飲む予定だったので、やめておきました。

タクシーは、ホテルで時間指定で予約しておくのがスムーズですね。

帰りは、歓楽街ですので、通りのタクシーをすぐに捕まえることができましたよ。

レンタカーなど車の場合、駐車場はないので、近くのコインパーキングを利用となります。

スポンサーリンク

三味線ライブを楽しむためには、ライブ時間を確認して予約する

僕が電話予約をいれたのは、当日のお昼でした。
年末の閑散期でしたので、普通に取れましたよ。

本当は前日に予約を入れたかったのですが、ちょうどお休みだったんですねー。

予約時間ですが、三味線ライブが始まる30-60分前に入るのが丁度いいのでオススメです。

三味線ライブ中は、入場したり、オーダーがしにくいと思うので、ライブが始まる前には入っておきたいですね。

飲み物とお料理などの注文し、テーブルに料理が並び、舌鼓をしたのち、宴が盛り上がってきたところで、三味線ライブが始まるのがベストです。

 

で、肝心のライブ時間ですが、電話予約の時に必ず確認しましょう。

僕は雑誌の広告を見て予約したのですが、実際はライブ時間がずれていました(汗)

結果的に問題なかったのですが、ライブ終了後だったら、やばかったです。

ライブ時間(2018年末時点)
第一部 18:30頃
第ニ部 20:00頃

予約TEL
0980-72-6234

ぞの

三味線ライブ時間は、電話予約の時に必ず時間を確認しましょう。

お料理

島ぶどう

沖縄に来たら必ずたのみます。
新鮮でおいしかったです。

お造り盛り合わせ

一番右がサバなんですが、お造りでサバって珍しくないですか?
やわらかくて、美味しかったなー。

島ラッキョウの天ぷら

ヨメさんが、島ラッキョウ好きで、塩漬けを頼みたかったのですが、残念ながらなかったので、天ぷらの方を。

エビのプリマヨ

ヨメさん大好物の海老。
洋食系のおかずもあります。

もずくの天ぷら

珍しいから頼んでみた。
見た目はあれですが、目をつぶって食べたら玉ねぎの天ぷらみたいな感じかな。

美味!ありでした!

〆は、卵チャーハンとゆし豆腐

美味しいお料理食べながら、三味線ライブは最高!

20時に三味線ライブが始まりました。

静かな曲から始まって、だんだん盛り上がる曲で
5曲ぐらい歌ってくれて、後半2曲は参加型でした。

指に挟むカスタネットのような民族楽器を配られて、一緒に参加していましたよ。

最後の一曲は、乾杯の曲で、ふりを教えてもらって一緒に楽しみました。

三味線、よく見たら蛇の皮です。

元の姿を想像したら、相当でかいはず。
沖縄の自然豊かな場所だったら、いそうですな。

まとめ

沖縄で初めての三味線ライブでしたが、いやー楽しめましたよ。

二人でライブを楽しんで料理を食べて約7000円。

次回の沖縄旅行も、旅の予定に組み込んでおこうかなと。

以上、島唄居酒屋「基山」の三味線ライブを堪能した話でした。

→島唄居酒屋「基山」(公式FBページ)