Xserverでワードプレスブログ新規立ち上げ、SSL化 2時間で設定できるよ!

本日は、顧客からの依頼で新規ブログを立ち上げる作業をやっていました。

もともとアメーバブログ(アメブロ)でビジネスブログを長年運営してきた方です。

「なぜ、アメブロから新規ブログに移ろうと思ったんですか?」

と聞いたところ、以下のような回答がありました。

周りの方でアメブロを取り消されたり、そもそもアメブロが規約で商用利用を禁止している。

私がアメブロを消されずにすんでいるのは、有料プランで運営しているからだと思われるが、いつ消されるのかとドキドキしながら、運営するのは心臓に悪い。

僕からは、

今後ずっとブログを書き続けるのであれば、絶対に独自ドメインをとって、自前のサーバーで運用した方がいいよ

という話をしました。

それで今日、新規ブログ立ち上げとなったのです。

さて、前置き長くなりましたが、作業をする上で考えたことをメモっておきます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アメブロからワードプレス新規ブログへ引っ越しする場合、今までの記事はどうする?

自前の独自ドメインから独自ドメインへの引っ越しであれば、HPであれ、ワードプレスのようなCMSであれ、全てのコンテンツをそのまま引っ越しを行い、301転送を行い、グーグルへ引っ越ししましたよと伝えれば、SEOのデータも引き継がれる。

しかし今回は、アメブロだ。

たぶん301転送は、できないと確信していましたが、念のため、一応ググってみました。

・・・

やはり、アメブロから301転送はできないとの記事が多くヒットした。

中でもCSSの設定などで、よくお世話になっているこちらのブログを参考になりました。

簡単!アメブロからWordPressへの移行方法
http://wp.myafi.net/ameblo-import/

まず、記事の引っ越しだけなら非常に簡単なんですが、
外部サービスなので画像リンクの貼り替えは相当めんどいです。
(手動で書き替えないとダメっぽい)

WordPress→WordPressなら一括でドメイン書き替えるだけでいいんですけどね。

この作業がイヤやし、改行とかもアメブロ仕様になってるしってことで
mayuの場合は記事の移行を諦めてアメブロのトップに
「ブログ新しくなりました→こちら」と書いておくことにします。

あの文法めちゃくちゃな改行コードは引き継ぎたくない(笑)

 

アメブロからは、データの引っ越しをしたとしても、画像は吸い出せないとのこと。

となれば、中途半端に記事を吸い出して、引っ越すよりも旧アメブロにもアクセスが来ているユーザーためにもアメブロは放置しておく方がベストだと判断しました。

引っ越すタイミングで、アメブロに引っ越した旨を記載する方針としました。

 

スポンサーリンク

新規ブログを立ち上げる際、SSL化を検討し、即決で導入した。

2014年グーグルが公式ブログでHTTPSを検索ランキングの一つの指標にすることを発表しました。

HTTPS をランキング シグナルに使用します
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/08/https-as-ranking-signal.html

といって、自分も顧客にも即SSL化を勧めることはしませんでした。

実際、SEOのためだけに、SSL化を勧めるのは微妙だなという意見がありました。

 

あとはSSL化のメリットとして、まずは『フォームに入力する顧客データの暗号化』が挙げられますが、ほとんどのお客さんはフォームに外注ツール(オートビズさんや、アスメルさん)を使っているので、そもそもフォームがSSL対応しているんですね。

 

その中で、SEOのためだけにSSLのコストを勧めることはできないなぁと僕自身も思っていました。

ですが、最近、私が参考にしている有名ブロガーさんも徐々にSSL化を進めており、そろそろ検討しないとだめかなと思っていたのです。

それで、このクライアントさんには、SSL化のメリットとデメリットをお伝えしました。

即決で

SSL化にしてほしい。

との依頼が。

こういう時、エンジニアとしての冥利につきるなぁと思います。

コストは、一番安いSSLでたかだか、1年1500円ほどです。

また、初期導入であれば、こちらの設定も、SSL前提でブログを立ち上げるので、わずかな作業で済みます。

ところが、今回SSL化しないで、今後途中でSSL化にした場合は、

  • http–>httpsの移行がコスト、作業ともに大変(作業費としてどう見積もっても数万円はかかる)
  • ブログ運営で積み重ねてきたソーシャルの数字がゼロに戻ってしまう。

となり、デメリットが非常に大きいのです。
よって、最初からブログをSSL化で即決されました。

SSLの導入は、申請からサーバー導入までわずか2時間!!

エックスサーバーでSSLは2回目ですが、今回は申請からサーバー導入までわずか2時間弱ぐらいで手続きが終わりました。

前回の記憶を忘れてしまっていたので、1日はかかるかなと思っていたのですが、あまりにも速くて拍子抜けです。

し、か、も、今は、エックスサーバーでサーバー運用している方にとって、SSL最初の1年がなんと無料なんです。

下記、エックスサーバーさんからの引用です。

キャンペーン期間

2015年9月16日(水) 12:00 ~ 2016年9月30日(金)18:00 まで

キャンペーン内容

期間中、「CoreSSL」および「SecureCoreドメイン認証SSL」の証明書料がお得に!

○CoreSSL(1会員様1契約まで)
1年契約 ・・・ 1,000円 無料
2年契約 ・・・ 1,800円 1,000円(税抜)
3年契約 ・・・ 2,500円 1,500円(税抜)

○SecureCoreドメイン認証SSL
1年契約 ・・・ 9,000円 1,500円(税抜)
2年契約 ・・・ 17,000円 2,700円(税抜)
3年契約 ・・・ 24,000円 3,600円(税抜)

今回は、「CoreSSL」1年無料で契約しました。

これだと、クライアントさんへもSSLを勧めやすいですね。

 

ドメインのサブディレクトリでブログを運用し、SSL化

このお客さんは、もともと自分のサイトを持っている方なので、
ブログの移行も、既存ドメインを使うことにしました。

ただ、今の既存サイトはSSLに対応させるのは、調べると大変そうなので、サブディレクトリで”blog”を作成し、blog配下のみSSL化にすることにしました。

blog.xxx.com

xxx.com/blog/

どちらにしようかと一応検討はしましたが、すぐにxxx.com/blogで運営することにしました。

xxx.comのドメインパワーを引き継ぐことができればなと思ったからです。

blog.xxx.comであれば、新規ドメインと変わらないため、SEO的に厳しいかなと。

また、今後ブログのアクセスが増大して、サーバー増強のためのサーバー引っ越しを検討したとしても、xxx.comごと引っ越しするだろうなと考えたからです。

 

さて、決まれば、作業開始です。
まずは、blog配下にワードプレスをインストールします。

その後、blog配下にある”.htaccess”を次のように設定します。

# BEGIN WordPress
# END WordPress
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://xxx.com/blog/$1 [R=301,L]

 

これで、xxx.com/blog配下のアクセスは、すべてhttpsとなります。

 

おわりに

今日は以下の作業を行いました。

  • ワードプレスインストール
  • SSL設定
  • ワードプレステーマの決定
  • 全体のデザイン方針
  • ヘッダ画像の作成

即決のお客さんですので、ポンポン進めることができます。

明日もワードプレスの細かい部分を詰めていきます。