WEB×IT活用 BLOG

主にWEB、IT関連と旅行記、料理、読書のお役立ち情報

海外旅行 クルーズ旅行

ダイヤモンドプリンセス【クルーズ旅行記②】神戸出港

2017/06/19

ダイヤモンドプリンセス旅行記2つめ。

前回の記事は、こちらです。

ダイヤモンドプリンセス【クルーズ旅行記①】乗船

さて、クルーズ初日の後半、避難訓練が終わった後から書いていきます。

スポンサーリンク

避難訓練が終わり、ようやく出港!!!!

クルーズ新聞によると、最終乗船は16時。

訓練後、部屋でちょっとのんびりしていました。

16時すぎて、まだかな~、まだかな~とそわそわしていると、、、なんだか外の気配が騒がしくなってきました。

急いで14Fへ登り、外のデッキへ。

5/13は、ダイヤモンドプリンセスにとって、神戸港 初船出だったので、祝賀イベントがあったのです。

オーケストラによる演奏と、出港と同時に風船で祝ってくれました。

これはうれしい。

 

短いですが、たまたま撮っていた動画

オーケストラの指揮者さんが、キレっキレの逃げ恥恋ダンスを踊っています。

やるなぁ~

乗船客のみなさん、すごく喜んでいましたよ~

指揮者さん、楽しませてくれてありがとうございます!

天気予報は雨でしたが、なんとか曇りで耐えています。

神戸港から出るまで、クルーズの大きい船が安全に出れるように、小さい船が先導してくれます。

コーヒーカードをゲット

船内には、3種類のドリンクパッケージがあります。

アルコール含んだ飲み物(10$以下)すべて
$49/1日 1名限り

ソーダ&ソフトドリンク飲み放題
$7/1日 1名限り

コーヒーカード
$31/クルーズ期間中 複数名で使える
カフェやバーでのコーヒー飲み放題(通常2$)
ラテ、エスプレッソ、モカなどスペシャルコーヒー15杯まで

※食事中のレストランでのコーヒーやティーは無料です。コーヒーはちょっと薄めで僕の口には合いませんでした。エスプレッソまではいかないけど、濃い目が好きなんですよね。

ぼくらは、お酒はあまり飲まないですが、コーヒーは二人とも飲むので、初日にコーヒーカードを買いました。8日間でちょうど使い切りましたね。

ディナー時間まで、部屋でのんびり

部屋から艦首を見たところ。艦首に出っ張ったところに見えるのが、操舵室ですね。

ディナーは2部制で、旅行前に事前に希望をだします。

1部:17:30開始

2部:19:45開始

今回、僕らは、2部の時間で、まだ時間に余裕があります。

レストラン、テーブル、時間すべて指定されています。

実はクルーズカードの下側に書かれているので、忘れないです。

いつでも行っていいビュッフェもあるので、そこはその日の調子によって選択できます。

 

この時間は、出港後の「鏡割りイベント」などあったと思うんですが、二人とも休暇中は、そんなにアクティブではないんですよね~。

リゾートにきて、部屋でゴロゴロ寝るタイプです(笑)

徐々に日が暮れてきました。

ディナーで出会ったぶっ飛んだMさん

今日のドレスコードは、「スマートカジュアル」です。

男性は、いやゆるジャケパンですね。

テーブルが指定されているので、

二人テーブルなのか?
外人さんと一緒なのか?
気の合う人だったらいいな?

などなど、少々ドキドキして向かいました。

 

レストランに入ると、、、丸テーブルで、すでにお爺さんが座っておられました。

恐る恐る話しかけると、すごく紳士なお爺さんで、話しやすかったです。

見た目70代後半かなと思っていましたら、89歳と聞いて耳を疑いました。

クルーズカードもグレーのプラチナカード。

次で、ブラックになるとおっしゃっていたので、クルーズで150泊の経験という、すごい人と同席でした。

仮名で、Mさんとしますね。

Mさんとは、この後もいろいろとお話を聞いたのですが、ぶっとんだ話が多く面白かったな~。

Mさん語録列挙

  • 世界一周7回したよ。
  • 70歳以降は、トランク持って飛行機移動はしんどいから、旅行はクルーズがメインになったんだよ。
  • 来年90歳で、クルーズ予定を6回入れているんだ。
  • 今度、ピースボートで、オーロラ見にいくんだよ。
  • クルーズに乗っていると、同じような友達が増えていくんだ。世界各地でその友達に会いに行くのが楽しみ。
  • 杖なんていらねぇ。歩くことが大事。
  • 夕日が沈む瞬間のグリーンフラッシュが撮れたら数十万で売れるよ。ただし、連射できるいいカメラ持っていないとダメだけどね。
  • コース料理で選択ができるのは、ダイヤモンドプリンセスだけ。それがいい。ピースボートはみんな同じなんだよ。
  • クルーズ飛鳥はそこそこ値段するよ。ダイヤモンドプリンセスはリーズナブル。

89歳の老後の過ごし方という意味では、完全にブロックを外してくれましたよ。

こんなアクティブな過ごし方あるんだなと。

大変失礼なんですが、「この人は、いったいなにもの!?」と想像していました。

Mさんのお仕事はわからなかったですが、息子さんは超大手会社の子会社の創業者とおっしゃっていました。

お料理とサービス

テーブルには、本当は、あと2名いらしたのですが、この日は都合が合わなかったようで、3名で食事となりました。

テーブルには、2名のサーバー(ウェイター)の方がついてくれます。
1名はドリンク専門
もう1名の方は、料理専門

最初は、ドリンクの方に料理を頼んだりと右往左往してましたが、Mさんを見てるとどう接したらよいのか勉強になりました。

メニュー
ちょっと小さいですね。

日本語で書かれており、「シェフの今日のオススメ」もあるので、迷わず注文できます。

料理は一応コース料理ですが、何を頼んでも大丈夫です。

ビール、ワイン、シャンパン、などのアルコールは、クルーズ代金とは別料金になります。サクッとクルーズカードをバーコードで読まれ船内会計に計上されます。

Mさんは、ワイン1本ボトルキープしてました。

前菜、スープ、パン、メインのお肉

ラテとデザート

ラテは、早速先ほどの「コーヒーカード」を使いました。

あと、必ずオーナーの「フランコ」さんが、必ず笑顔で挨拶にきてくれます。この辺のホスピタリティがさすがだなぁと思います。

部屋へ帰宅後

嫁さんが、おもむろに、フルーツをルームサービスで注文。

結婚してから知ったのですが、彼女は絶対に自分でミカン、リンゴ、ナシなどのフルーツをむかない。最初は、衝撃でしたが、もう慣れました。

たぶんむくのは、1年に1度くらい。嫁の生態としては、写真に収めたいぐらい非常に貴重な場面。

父が全部むいてくれるご家庭だったそうです。

お義父さん、すごいな~と思いつつ、そのしわ寄せが僕に引き継がれています。

バルコニーへ出ると、真っ黒な闇夜にお月さまが出ていました。
雲に隠れていますが、それでもお月さまのおかげで明るいです。

海の音だけが聞こえます。静か。

あとがき

Mさんのお話。
グリーンフラッシュあとで調べましたよ。

Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/グリーンフラッシュ

グリーンフラッシュ (英:Green flash)とは、太陽が完全に沈む直前、または昇った直後に、緑色の光が一瞬輝いたようにまたたく、非常に稀な現象。緑閃光ともいわれる。

高い山、離島など、地平線や水平線で日没や日の出が見られ、空気の非常に澄んだ場所であることが観測の最低条件となるが、その他の気象条件にも左右されるので、その発生確率は非常に小さい。小笠原諸島の父島にある三日月山展望台(ウェザーステーション)は、日没時に比較的グリーンフラッシュが見えやすい所として有名である。

見られる確率が非常に低いことから、ハワイやグアムではグリーンフラッシュを見たものが幸せになるという言い伝えがある

グリーンフラッシュの伝説、神秘的ですね~。

そして、youtubeで公開されていた!!!!

最後の49秒ぐらいに確認できます。
これは、写真に収めるのは、難しそう。

いつかライブで見れるかな~。

以上、プリンセスクルーズ、旅行記1日目でした。
⇒【ダイヤモンドプリンセス】最新クルーズ旅行日程

-海外旅行, クルーズ旅行
-,